教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE

 

 

Word2010:TOC(目次)フィールドとスイッチ の使い方

\tスイッチ … スタイル名を指定して目次を作成

 

 

 


 

 

 

≫≫ TOC(目次)フィールド とスイッチの使い方 へ戻る

\o …スタイルを参照して目次を作成

\u …アウトラインレベルを参照して目次を作成

\f … TC(目次登録)フィールドを参照して目次を作成

\l … TC(目次登録)フィールドを参照して目次を作成(レベル指定必須)

\t …スタイル名を指定して目次を作成

\z …Webレイアウトモードでは、ページ番号とリーダーを非表示にする

\n …特定のレベルのページ番号を非表示にして目次を作成

\b …文書内の特定の範囲を参照して目次を作成

\p …目次とページ番号の間の文字を指定する

\c …図表目次を作成する

\a …図表目次を作成(図表番号とラベル名は表示しない)

\h … Webページでは目次をハイパーリンクに変換する

 


\tスイッチ … スタイル名を指定して目次を作成

スタイル名を指定して目次を作成します。通常は作成したスタイルを指定する場合に使用します 。(見出し1など組み込みのスタイルも指定可能)尚、スタイルとともにレベルを指定できるため、アウトラインレベルが設定されていないスタイルも目次の参照元とすることができます。

 

スイッチ

記述:スタイル名とレベルを指定します。

\t

\t ”スタイル名,レベル,スタイル名,レベル”

記述例: TOC \t "MyStyle1,1,MyStyle,2" \h \z

MyStyle1をレベル1、MyStyleをレベル2として参照し目次を作成します。

 

記述例:TOC \o "1-3" \u \h \z \t "MyStyle,4"

アウトラインレベル1~3と、MyStyleをレベル4として参照し目次を作成します。

 

◆ 記述例:TOC \t "見出し1,1,MyStyle1,1" \h \z

見出し1とMyStyle1をレベル1として参照し目次を作成します。

 

尚、「 参考資料」タブ−「目次▼」−「目次の挿入」で「オプション」をクリックし「スタイルを指定する」にチェックを入れ、参照元としたいスタイルにレベルを入力すると、TOCフィールドに\tスイッチが追加されます。※但し、指定したスタイルにアウトラインレベルが設定されており、そのレベルと同じレベルを指定した場合は\oスイッチが記述されます。(レベル設定されたスタイルなら\tを使って同じレベルを指定する必要がない為)

  ↑の場合 TOC \t "MyStyle,1,MyStyle2,2" というフィールドコードになります。
 

 

 

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE